サンティカスパ・ゼスト店のご紹介

体験日:2014年11月10日

 

ウブドのオーガニックなスパ・サンティカスパ(シャンティカスパ・Cantika Spa)。スパで使用するマッサージクリームやシャンプーなどのマテリアルが、すべてオーガニック素材から手作りで作られたものばかりで、人気のスパですが、最近特にゼスト店の人気が上がってきました。

 

サンティカスパには、3つのお店があります。古い順に、ジャスミン、アラミィ、ゼストなんですが、当店(バリ島旅行.com)では、アラミィ店を中心にご紹介してきました。
というのも、一番古いジャスミン店はちょっと施設が古くなっている、そしてゼスト店はまだトリートメントルームが1つしかない、という理由です。しかし、ゼスト店は最近トリートメントルームを増やし、また雑誌や日本のテレビで紹介されたこともあって、ゼスト店へのリクエストが増えてきたのです。
そこで、今回は久しぶりにゼスト店を訪ねてみました。

アラミィ店は、ウブド大通り(JLラヤウブド)から、田んぼの中の細道を10分程度歩いていったところにありますが、ゼスト店はウブドの南西、プネスタナン村というところのはずれにあります。周囲は田んぼが広がるエリアですが、ウブド中心部からちょっと離れているので、車がないとなかなか行くことができません。(スパには送迎サービスはありません)

20141108100750

JLカティランタンという道を北上していくと、こんな看板が見つかります

20141108100748

看板をアップしてみました。水色がスパのイメージカラーのようで、すべてのお店がこの水色の看板を使っています。

20141108100749

看板があるところから、砂利道を入っていきます。

20141108100747

150mくらい行くと、スパの入口があります。ここまで車で来られますよ〜

20141108100746

入口を入ると、受付(レセプション)があります。このレセプションの奥がサロンになっていて、ヘアトリートメントなどを行います。

20141108100740

こちらは、以前からあったトリートメントルーム。クーラーはありませんが、自然の風が吹きこんで、気持ちいいですよ。

20141108100739

奥の窓から、外光がたっぷり差し込んできます。窓の向こう側はスパの倉庫や森ですから、ご安心ください。

20141108100741

こちらは、オープンエアーのマッサージベット。主にフェイシャルなどに使用しますが、白人さんの中には、ここでマッサージをしてくれって方もいるそうです・・・はずかしくないのかな?

20141108100742

こちらは、フェイシャル用の特別な椅子です。ぐ〜っと倒れて、ベットのようになります。
森を吹き抜ける風を受けながら行うフェイシャルは、極楽気分ですよ。フェイシャルに使う化粧水やクリームもすべてオーガニック素材の手作り。お花の香りがする化粧水は、本当に肌が生き返るようです。

20141108100743

こちらが新しくできたトリートメントルーム。作りはどこのお部屋も一緒ですが、3部屋が長屋のように並んでいます。
お部屋同士の壁は上部がつながっているので、トリートメント中は、お静かにお願いしますね。

 

トリートメントルームはすべてツインルームで、4部屋あります。つまり、最高で一回に8人のマッサージをすることができますが、セラピストがそこまでいないので、当社では6名様までご予約受付しております。

20141108100744

トリートメントルームから一段下がったところにあるのが、台所。別名「魔女の台所」。魔女とは、スパのオーナーのイブ・ジェシィのこと。素敵な魔女・イブ・ジェシィが、沢山の野菜や植物、ハーブなどを使って、クリームやシャンプーなどのマテリアルを作っています。

20141108100745

こちらは、ワークショップ会場。スタッフの指導で、フェイスクリームやスクラブなどの手作り体験が行えます。
そして、自分で作ったマテリアルで、フェイシャルも体験できるワークショップは、スパ人気のコースです。

 

バリ島旅行.comでは、人気のサンティカスパの予約代行を行っています。
ご予約時に、田んぼの真ん中アラミィ店か、今回ご紹介したゼスト店かお選びいただけます。(ワークショップは、場所の関係でゼスト店のみとなります)。ぜひ、ご利用ください>>バリ島旅行.comサンティカスパのご予約はこちら

 

この記事は2014年11月10日の体験に基づくもので、現在の状況とは違っている部分もございます。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ