藤太郎の写真

こんにちは!

バリ島在住28年、毎日ゴルフがしたいけど、なかなかできない、ゴルフ狂の藤太郎です。

先日はニュークタゴルフの体験記を書かせていただきましたが、今度はバリナショナルゴルフをご紹介します。

バリナショナルゴルフ体験記

バリナショナルゴルフは、バリ島南部のヌサドゥアエリアにあるゴルフ場です。
以前はバリゴルフカントリーという名前でしたが、数年前に大改修工事をして現在はバリナショナルゴルフとして営業しています。

このゴルフ場がある場所は、ヌサドゥアのホテルエリアのすぐ近くで、有名なグランドハイアットホテルやアヨディアホテルから徒歩圏内です。
このように、リゾートホテルのすぐ近くなので、毎日多くの観光客の皆様がラウンドを楽しんでいます。

今回は、特に初めてバリ島でゴルフをされる日本のゴルファーの皆様が、スムーズにラウンドできるよう、ゴルフ場での手続きや準備の方法を中心にご紹介していきたいと思います。
この体験記を参考に、ぜひバリナショナルゴルフでのプレイを楽しんでくださいね。

ゴルフ場到着~受付手続き

ゴルフハウス入り口

バリ島のゴルフ場も日本と同様に、クラブハウスの玄関まで車でおいでください。

入り口のキャディーさん

お客様が到着したら、すぐにキャディがお迎えに上がり、車からゴルフバックなどをおろすお手伝いを致します。
また、専用車送迎付きパッケージをご利用のお客様は、ガイドが受付などをお手伝いいたしますので、ガイドの指示に従ってください。

ゲストタグ

玄関のキャディに名前を告げると、このようなタグを渡されます。

タグは2種類あり、自分のゴルフバックをお持ちのお客様には、左の白いタグを渡します。
ゴルフ場でクラブをレンタルされるお客様には右の緑のタグを渡します。

バリ島旅行のレンタルクラブをご利用のお客様は、左の白いタグになりますので、お間違えの無いようにお願いします

ゲストタグ

こちらの白いタグですが、一番上の部分はゴルフバックに取り付け、その下の3枚つづりの部分をお客様にお渡しします。
渡されたタグはこの後使いますので、大切にお持ちください。

また、ゴルフ場のレンタルクラブをご利用のお客様には、緑のタグをお渡ししますので、そのままお持ちください。

クラブハウス入り口

バックを預け、タグを受け取ったら、クラブハウスに入っていきましょう。

プロショップ入り口

クラブハウスに入ったら、こちらのプロショップにおいでください。
プロショップにて、ラウンドの受付手続きを行います。
ラウンドフィーはすでにお支払いいただいているので、こちらでお支払い頂くことはございません。

プロショップでは、先ほど渡されたタグを切り離さずに係員にお渡しください。
3枚つづりのうち一番上のみ切り取り、残り2枚はお客様にお返しします。

プロショップ内

ゴルフ場のクラブをレンタルされる方は、お持ちの緑色のタグをプロショップ係員にお渡しください。
プロショップにレンタルクラブがございますので、お好きなクラブをお選びの上、レンタル料金をお支払いください。お支払いはインドネシアルピア現金の他、VISA、Masterカードがご利用いただけます。

緑色のタグの一番上の部分がゴルフバックにつけられ、残りがお客様に返されますので、大切に保管願います。

ゴルフシューズをレンタルされる方も、こちらのプロショップにてレンタル代をお支払いの上、シューズをお受け取り下さい。

ゴルフボール

プロショップでは、ゴルフボールやグローブなどゴルフグッズを取り揃えております。

もし、ボールやグラブなどを忘れてきても、こちらで揃いますので、ご安心ください。

受付手続きは以上で終了です。
それでは、着替えてコースに出ましょう。

着替え~スタート

プロショップ入り口の反対側にロッカールーム入り口があります。
ロッカールームは下の階になりますので、階段を下がっていただきます。

階段を降りると、男女別のロッカールームがございます。
入り口でお名前を告げていただき、ロッカーキーをお受け取り下さい。

ロッカー

ロッカーはこのくらいの広さになります。
日本のゴルフ場のロッカーと同じくらいの広さと思います。
着替えや靴を入れてください。
大きなスーツケースなどは入りません。

鍵付きですので、貴重品も入れておいても大丈夫ですが、念のため必要以上のお金は持ち込まないように願います。
ロッカーキーはご自身で管理願います。

ロッカールーム出口

着替えが終わったら、こちらの扉から、コースに出ましょう。

最初に渡された、白もしくは緑のタグと、若干のお金を持って行ってください。
お金は、ラウンド中の飲み物や、キャディーチップ代になります。
お一人Rp500,000もお持ちいただければ十分かと思います。

スタート

こちらが、スタートハウスになります。
こちらにタグを渡してください。
白いタグのかたは、残り1枚がお手元に残りますが、これはお帰りの時のバック引換券になりますので、そのままなくさないようにお持ちください。

電動カートに乗って出発になります。
カートは、2人乗りでお客様が運転となります。安全運転でお願いします。
キャディーはカートの後ろに立って乗ります。
カートはコース内の決められた道路のみ走行してください。芝の保護のため、道路以外の場所は走行禁止となっております。

カートには、水、ジュースなど冷たいお飲み物を積んでおります。
代金は、ラウンド後にまとめて清算いたします。

1番ホール

それでは、ラウンドスタートです

コースアウト~お帰り

最終ホール

バリ島のゴルフはスループレイが原則です。
日本のように、ハーフ終了時に昼食休憩などは取らず、18ホールを一気に回ります。
4時間から4時間半でのラウンドを心がけていただけると助かります。

キャディチップ

ラウンドが終了したら、最後にキャディさんへのチップをお願いいたします。
チップ相場はお一人Rp200,000となっております。

ゴルフ場レストラン

ラウンド後は、ロッカールームにて、シャワー、お着替えをしたら、レストランでお食事やご休憩を。
レストランでのご飲食費用は、その場での清算となります。
インドネシアルピア現金もしくはVISA,Masterカードでお願いします。

入り口受付

最後に、玄関横の受付に、残ったタグをお渡しいただき、ゴルフバックをお受け取り下さい。

送迎用車両

また、ゴルフ場の無料送迎をご利用の方は、こちら受付にてお名前と宿泊ホテルをもし出ていただき、送迎車をお待ちください。
混雑具合によっては、少々お待ちいただくことがございます。

バリナショナルゴルフご利用まとめ

以上が、バリナショナルゴルフのご利用手続き方法などのご紹介となります。

日本のゴルフ場とは若干勝手が違うところがございますが、もしわからないことがございましたら、お気軽にバリ島旅行.comにお問い合わせくださいませ。

今回ご紹介したバリナショナルゴルフの詳細・ご予約は
>>バリナショナルゴルフクラブのご予約なら | バリ島旅行.com