バリ島旅行.com

バリ島ゴルフガイド

バリ島でゴルフを楽しみたい、というゴルファーの皆様に、バリ島ゴルフのあれこれをご紹介いたします。

気温はどうなの?
服装は、どうしたらいいの?
キャディさんは1人ずつついてくれるの?
そうそう、キャディーさんのチップはどうしたらいいの?

こんなバリ島ゴルフに関する疑問なども、こちらを読んでいただければ、スッキリ解決!

バリ島のゴルフとは?

バリ島は、南国リゾート。マリンスポーツや観光ツアーが中心だから、ゴルフはたいした事ないんじゃないの~?

なんて考えていたら大間違いです。
確かに、それほど広い島ではありませんのでゴルフ場は5つしかありません(2014年8月現在)。
しかし、どのコースも本格的なコースで、中にはプロツアーに使われるコースなどもあるんです。リゾートゴルフなんて甘く見ていたら、やけどしますよ~

といっても、そこは南国バリ島。自分のペースで、ゆったり、のんびりとゴルフを楽しみましょう。

気温とおススメスタート時刻

バリ島ゴルフガイドまず、気になるのはバリ島の気温ですね。
南国バリ島ですから、暑いんじゃないの?なんて、思っちゃいますよね。

はい、確かに暑いです。バリ島は一年を通じて24~30度と熱帯気候です。

でも、ゴルフコースは、海沿いや高地など、それほど暑くならないところを選んで作られています。

また、緑が多いので、意外と涼しく感じるんですよでも、やっぱり日中は気温も上がり、ラウンドも大変!

そこで、重要なのがスタート時刻。
涼しいうちにスタートしたほうが、体の負担も少ないです。
おススメは8時台のスタート。これなら、昼前にはラウンドできるので、体の負担も少なくなります。

もし、早い時間のスタートが取れなかったら・・・
そんな時は、サンセットラウンドはいかがでしょうか?
ゴルフ場によっては、お得なサンセットラウンドを行っているところもあります。きつい日差しも和らぐ昼下がりにスタートすれば、暑さ負けなんかしませんよね~

やっぱり気になる雨季と乾季

南国バリ島には、乾季と雨季があります。
乾季なら天気もいいかもしれないけど、雨季は雨ばかりでラウンドきないの?

いやいや、そんなことはありません。
たしかに、山間部は雨季になると雨が多くなりますが、多くのゴルフ場がある海沿いは雨季でも、それほど雨が多いということはありません。また、降っても1時間程度で止むスコールが多いです。

乾季のゴルフも気持ちいですが、雨季でもちゃんとラウンドできますから、心配しないでください。

服装や持ち物は?

服装について南国リゾートゴルフだから、Tシャツ・短パンで~ なんてのは、だめですよ!

いくら、リゾートゴルフと言っても、TシャツはNGです。
必ず、ポロシャツのような襟付きのシャツを着用してください。
また、バミューダのような短いパンツはOKですが、短パンなどは、だめです。もちろん、デニム(Gパン)も不可です。

ビーチサンダルで回ろうなんて方はいませんよね~。
一般的なゴルフシューズをご使用ください。

忘れてはいけないものは、帽子とタオル。
直射日光がきついので、日焼け対策も忘れずに! つまり、日本の夏のラウンドと同じと考えてください。

自分のクラブを使いたいけど、持ってくるのも大変だ~、なんて方は、レンタルクラブをご利用ください。
また、ガルーダ・インドネシア航空なら、ゴルフバックは無料で飛行機に乗せてもらえますよ。

プレイスタイルは?

プレイスタイル日本のゴルフと一番違うのは、プレイスタイルがスループレイということでしょう。

日本の場合は、ハーフを終えたら、お昼休憩をはさみますが、バリ島の場合は、休憩なしで一気に18ホール回ってしまいます。(ハーフ後、食事をとりたい場合は、スタート前にキャディにお申し付けください)

また、コース内に茶店(売店)はありますが、あまり休憩する方はいらっしゃいません。休憩なしで一気に回ってしまいますので、プレイ時間もハーフ2時間、ラウンドでも4~5時間程度です。

カートは、2人乗りの乗用カートになります。(バリビーチゴルフのみ、手曳きのトローリーとなります)
乗用カートでも芝が痛みますので、フェアウェイ内には、入れません。専用道を進みます。

2サムプレイは、ほとんどのコースで可能です。(ニルワナカントリーは、2サムは不可になります)
ただし、状況によっては2サムが確約できない事もございます。

キャディさんは・・・?

プレイヤー1人に1人のキャディさんが付きます。
ほとんどのコースは女性キャディになりますが、ハンダラゴルフのみ、男性キャディが付くことがあります。

キャディさんはもちろん、現地の方なので日本語はちょっと・・・
ですが、スライス、フック、パー、アプローチなどゴルフ用語は世界共通。問題はありません。

そして、気になるのがチップ・・・・
一日、いろいろ手伝ってくれたキャディさんに感謝の気持ちをこめて、ラウンド後チップをお願いいたします。相場は、1人Rp200,000(2,000円程度)です。

バリ島のコースはどんなの?

バリ島には、5つのゴルフコースがあります(2014年8月現在)
ほとんどのコースがウルワツ、ヌサドゥア、サヌールといった海沿いのエリアにありますが、1か所だけバリハンダラゴルフは涼しいブドゥグル高原にあります

簡単に各コースの特徴をご紹介します。

    ゴルフコース
  • ニュークタゴルフ:ウルワツエリアにある本格的なリンクスコース。戦略性が高いタフなコースでバリ島一番人気のコースです
  • バリナショナルゴルフ:ヌサドゥア・ホテルエリアに隣接するコースで今年のはじめ全面改修した一番新しいコースです。
  • ニルワナゴルフ:有名なタナロット寺院を望むタバナンのビーチ沿いにあるコース。グレッグノーマンが監修したコースは、手ごたえがあるタフなコースです。
  • バリハンダラゴルフ:クタなどの中心部から車で2時間、涼しいブドゥグル高原エリアにあるコース。それほどアップダウンはきつくはなく、回りやすいが雨季は雨や霧にご注意
  • バリビーチゴルフ:サヌールのビーチホテルに隣接したコースで、アクセスもいいのですが、9ホールしかないハーフコースです。また乗用カートはなく、手曳きトローリーでのラウンドとなります。

ゴルフ場の施設は?スタート手順は?

ゴルフ場車などでゴルフ場クラブハウスに到着したら、入口でクラブを預けます。その際、タグを渡されますので、なくさないように持っていてください。

そして、クラブハウスで受け付けなのですが、ニュークタゴルフ以外のコースには受付がありません。クラブハウス内のプロショップにて受付を行います。ここでプレイフィーもお支払いとなります。

受付が済んだら、ロッカールームに行きます。ロッカールーム入口にクラブスタッフがいますので、スタッフからロッカーキーを受け取り、着替えをします。荷物などはすべてロッカーに入れておきます。

着替えが済んだら、スターターに移動します。すでにキャディがクラブを積んだカートでお客様をお待ちしていますので、キャディと合流して、スタートとなります。

ラウンド終了したら、キャディさんともお別れです。この時にチップなどお礼をしましょう。
その後、ロッカーにて着替えをしますが、バリ島のゴルフ場には、残念ながら大浴場はありません。すべてシャワーになります。シャワーでさっぱりと汗を流してください。

着替えが終わったら、レストランでビールやランチもいいですね。レストランのお支払いは、現金となります

お客様の口コミ
  • このページをはてなブックマークに追加

キャッチコピー
バリ島での各種オプショナルツアーの予約や手配なら、バリ島旅行.comにお任せ! 人気のスパ&エステやゴルフ場、マリンスポーツやアクティビティーなど格安情報満載でご紹介しています。

ご予約方法
お問合せ先
LINE友達追加
コピーライト