ライフラインについて~バリ島ロングステイ豆知識

バリ島でロングステイをするに当たり、必要なライフライン、特に水、ガス、電気についてご案内します。

バリ島は日本のように上下水道や都市ガスが整備されているわけではありません。 生活用水は井戸水や村の共同井戸から配給される水を使いますが、飲み水は「アクア」と呼ばれるミネラルウォーターを購入することになります。
また、ガスもLPG(プロパンガス)のボンベを購入して使用します。
電気については、ほぼ全島に供給されていますが、停電が多く、また電気代の支払い方法も独特なものです。

バリ島ロングステイ・ライフラインについて

水について

お風呂や洗たくなどに使う生活用水は、井戸水あるいは水道水を使用します。水道水と言っても、日本のように浄水場で消毒をしているわけではなく、村や地域で共同の井戸を掘り、そこから各家庭に分配をしています。
井戸にしても、水道水にしても消毒はされていませんので、そのまま飲むわけにはいきません。必ずいったん煮沸した湯ざましか「アクア」と呼ばれるミネラルウォーターを飲んでいます。

アクアは、コンビニやスーパーマーケット、あるいはワルンと呼ばれる雑貨店で売られていますが、通常旅行者が利用するのは600mLや1.5Lといったペットボトルに入ったものです。
しかし、長期滞在する場合このようなボトルではすぐに足りなくなってしまうので、ガロン瓶と呼ばれる19L入りの大瓶を購入します。

ガロン瓶は、1本およそRp70,000~Rp80,000しますが、ほとんどが瓶代なので、2回目からは空瓶を持っていけばRp12,0000~Rp15,000となります。

アクアガロン瓶アクアのガロン瓶は、この写真のようにグチ(Guci)と呼ばれる陶器のカメに逆立ちさせて取り付けます。
グチの下には蛇口(クラン・Keran)が付いており、ここから水を出して使います。

このような、陶器製のカメの他にも、温水や冷水が出てくるディスペンサーも売られていますが、すぐに壊れたり、電気消費量が高いので、個人の家庭では敬遠される傾向があります。


アクアガロン瓶 この陶器製のカメ(グチ)ですが、蛇口部分のパッキンが壊れて水漏れをしたり、重いガロン瓶をセットするのが大変と言うことで、この写真のような手動ポンプも売られています。

このポンプなら、重いガロン瓶のセットも簡単で、また水漏れの心配もありません。

ただし、何度もポンプを押すのが面倒であったり、ポンプ内の部品が壊れたりするという欠点もあります。


ガスについて

バリ島には日本のような都市ガスはありません。大きなホテル、レストランでも、一般家庭でもすべてLPG(液化天然ガス)を使います。日本でも、都市ガスがないところはLPGを使っていますね。それと同じです。

日本のLPGは高さが2m近い大型のボンベを使っています。バリ島ではホテルや大きなレストランでは日本と同じ大型ボンベを使っていますが、一般家庭では3Kgボンベ、あるいは16Kgボンベを使用します。

16KgLPGボンベこの水色のボンベが16Kgボンベです。

調理だけでしたら、1本でだいたい1カ月くらい持ちます。

ボンベ込の料金はRp800,000くらいしますが、2回目からはからの空のボンベを持っていけばRp120,000程度で購入できます。
自宅まで配達してくれる業者もありますが、その場合は配達料が取られます。


3KgLPGボンベ この黄緑色のボンベが3Kgボンベです。

調理だけの使用でも、1~2週間程度しか持ちません。

ボンベ込の値段は、Rp200,000程度ですが、空ボンベを持っていけばRp20,000程度で売ってもらえます。
ボンベのメンテナンスはほとんどされていませんので、錆びて穴があいていたり、パッキンがなくなっているボンベもありますので、購入時には注意が必要です。
※ここに記載したガス料金は2015年4月頃の標準的な価格です。


電気について

一部地域を除いて、バリ島内全域で電気利用は可能です。特に、外国人が滞在するようなエリアでは、よほど周りに何もないところ以外、電気はきています。

ご承知のとおり、インドネシアの電源電圧は220Vですので、日本から持ち込んだ電気製品を使うには、変圧器が必要です。(パソコンやデジカメの充電器など、一部製品は変圧器なしで使えるものもあります)
また、コンセントプラグも丸ピンが2本出ているC型プラグです。日本はA型プラグですので、A-C変換コネクターが必要となります。変換コネクターは、ネットなどで1個200円程度で売っているので、何個か持ってこられるといいでしょう。

スタボル(電圧安定器)バリ島の電源電圧は220Vですが、電圧変動が大きく、パソコンなど精密機器は電源電圧変動が故障の原因となるといわれています。

そこで、左の写真のような電圧安定器をつけられる方が多いです。
この電圧安定器は「スタボル」と呼ばれ、電気容量によって価格は変わりますが、パソコンなどに使うのなら500W程度のもので十分でしょう。
大きなスーパーマーケットや電気店で1台Rp300,000程度で売られています。
また、停電に備え、無停電電源(UPS)をつけられている方もいます。


プルサ式電気メーター電気料金の支払いですが、以前は日本のように、電力会社(PLN)の検針員が各家庭の電気メーターを見て、電気料金を請求していました。

しかし、最近では右の写真のようなプルサ式(前払い式)の電気メーターが増えてきました。
このプルサ式電気メーターは、携帯電話の通話料金前払い制度のように、あらかじめ一定金額を電力会社に支払い、その際割り当てられた16桁のコードをメーターにあるテンキーから打ち込むと、支払った金額に応じた分だけ電気の使用ができる仕組みです。このメーター、20kw以下になると、ピーピーという警告音が鳴り、残量が0になると停電となります。
電気量の支払いは電力会社(PLN)の他、郵便局、銀行、一部コンビニでもできるそうです。

  • このページをはてなブックマークに追加
インフォメーション
  • ご予約について
    • ショッピングカートを使った簡単なご予約手順です
    • ご予約依頼に基づき、ご予約手配をし、メールにて予約の可否や金額などを予約回答させていただきます。
    • 当店からの予約回答をお受け取りになりましたら、内容を確認の上、問題なければご承認メールを返信願います。
    • ご予約前のお問い合わせ、あるいはご予約後の質問や予約変更などございましたら、お気軽にこちらの「お問い合わせフォーム」から、お問い合わせください。
    • ご予約方法について詳しくはこちらをご覧ください。
    • サイト表示の料金など諸条件は予告なしに変更する場合がございます。詳しくはこちらをご覧ください。
  • お支払いについて
    • ゴルフ場ご利用時は弊社スタッフにお支払いください。
    • カーチャーターは、お迎えに上がったガイドまたはドライバーにお支払いください。
    • スパ、アクティビティ、マリンスポーツ等は、ご利用施設受付にてお支払ください。
    • ホテルや一部施設において事前お支払いをお願いする場合がございます。
    • 詳しくはこちらをご覧ください。
  • キャンセルについて
    • ご利用日3日前の正午(日本時間)までのキャンセルは、キャンセル料はかかりません。
    • それ以降のキャンセルは100%のキャンセル料が発生します。
    • ホテルなど一部施設においてキャンセル費適応期間が変わる場合がございます。
    • キャンセル時の連絡先等、詳しくはこちらをご覧ください。
    サポートセンター
インフォメーションフッター

キャッチコピー
バリ島での各種オプショナルツアーの予約や手配なら、バリ島旅行.comにお任せ! 人気のスパ&エステやゴルフ場、マリンスポーツやアクティビティーなど格安情報満載でご紹介しています。

ご予約方法
お問合せ先
LINE友達追加
コピーライト