医療について~バリ島ロングステイ豆知識

バリ島のロングステイ生活で心配なことに怪我や病気への対応、医療面のサポートがあります。

特にリタイアメント後の生活を考えているシニア層の方にとって、医療はまさに死活問題でしょう。
いざと言う時のための病院や、ドクターとのコミュニケーション、医療レベルや病院施設のレベル。
また、日ごろからの体調管理や医療保険など・・・
こちらのページでは、そのようなバリ島ロングステイの医療に関する情報をご紹介していきます。

バリ島ロングステイ・医療について

バリ島の医療レベル

バリ島の医療レベルは、日本やオーストラリアのような先進国に比べたら、低いのは致し方ないかと思います。治療器具や検査器具も最先端と言うわけではありません。

しかし、デンパサールなどの街には大きな病院もあり、また各地方にも診療所やクリニックもありますので、ちょっとした病気や怪我なら問題なく治療してもらえます。しかし、高度な医療技術を必要とする手術や治療に関しては、バリ島内では難しいため、シンガポールやタイ、マレーシアあるいは日本に渡航して治療することとなります。

また、バリ島のお医者様の特徴として、眼科や耳鼻科など専門のクリニックが夜間しか開いていない、と言うことがあります。これは、医師不足のため日中は病院などに努めている専門ドクターが、病院の仕事が終わった夕方から、町中のクリニックで診療をしているためです。そのため、緊急性の少ない疾患の場合、夕方まで待タなくてはいけないといったこともあります。

外国人向けの病院

バリ島内では外国人でも、旅行者でも一般の病院や診療所、クリニックで、診察、治療をしてもらえます。

しかし、一般のクリニックでは言葉がインドネシア語、もしくは英語しか通じません。また保険も効かないので、南部エリアにあるインターナショナル・クリニック(国際病院)に行かれるのがいいでしょう。
インターナショナル・クリニックでは、日本語の通訳もいますし、日本の保険会社と契約し海外旅行保険が適応されるところも多いです。

以下に、代表的な日本語対応可能なインターナショナル・クリニックをあげておきます。

BIMC Hospital
バリ島でも最大手のインターナショナル・クリニックで、クタとヌサドゥアに2つの病院があり、24時間365日患者の受け入れを行っています。
BIMC KUTA(クタ) JL.Bypass Ngurah Rai 100X (Tel:0361-761263)
BIMC NusaDua(ヌサドゥア) Kawasan BTDC Block D (Tel:0361-3000911)
web:http://bimcbali.com/
InterNaitonal SOS Clinik
クタエリアのバイパス沿いにある世界中に姉妹病院を持つインターナショナル・クリニックのバリ島病院です。24時間365日患者の受け入れを行っており、歯科部門も併設しております。
JL.Bypa Ngurah Rai 505X (Tel:0361-710505)
Web:http://www.internationalsos.co.jp/indonesiaclinic/bali.html
タケノコ診療所
インドネシア・ジャカルタに本部がある日系のクリニックです。バリ島の診療所は24時間対応ではありませんが、日本人コーディネーターや通訳が待機しており、在住者もよく通っています。
Jl.SunsetRoad No77A,Ruko No1,Kuta (Tel:0361-7808094,7808095)
Web:http://www.takenokogroup.com/Bali/

保険について

日本において医療機関で診察、治療を受ける場合、健康保険によって、医療費は全体の3割を負担すればいいことになっています。 しかし、海外では日本の健康保険は通じませんので、基本的に医療費は全額本人負担となります。

バリ島で医療機関にかかった場合の医療費はどのくらいかかるのか?これは怪我、病気の程度や薬の種類、病院の種類などによって、かなり変わってきます。
たとえば、風邪をひいたという場合、街中の診療所に行って、インドネシア産の薬を出してもらったとしたら、およそRp200,000~Rp300,000くらいですむでしょう。しかし、インターナショナル・クリニックで外国から輸入した薬を出してもらうと、Rp800,000~Rp1,000,000くらい請求されることがあります。

また、大きな怪我や、心臓疾患など専門的な病気となると、日本円で10万円、20万円は軽くかかり、さらにバリ島内では対応できない怪我、病気でシンガポールやタイなどに渡航などしたら、100万円から1,000万円もかかってしまうケースもあります。

このような高額な医療費負担を少しでも回避するために、ロングステーをされる場合は必ず保険に加入することをお勧めします。

海外滞在中のけが、病気に対応する保険は「海外旅行保険」となります。海外旅行保険は旅行期間や補償内容によって保険金が変わりますが、おおむね最長1年以内の保険となります。もちろん、2か月、3か月のロングステイの場合は、その期間に応じた保険をかけてくればいいでしょう。

先ほど紹介したインターナショナル・ホスピタルや各エリアの大きな病院はほとんどが日本の保険会社と提携しており、キャッシュレス診療が可能です。キャッシュレス診療とは、全医療費を病院が直接保険会社に請求するので、医療費が全くかからないという制度です。ご利用される病院が掛けてきた旅行保険に対応するかどうかは、保険会社のホームページなどで確認できますので、渡航前にどこの病院がキャッシュレス対応してくれるか確認しておくのがいいでしょう。

また、先ほど海外では日本の健康保険は通用しない、と書きましたが、旅行中も日本の健康保険組合に加盟していれば、万一渡航中に怪我や病気で医療機関にかかったとしても、帰国後健康保険組合に申請し、承認されれば医療費の7割が還元されます。ただし、その場合医療機関からの診断書や治療内容の説明資料などが必要となります。しかし、医療費の還元は帰国後となりますので、現地では100%の医療費を支払わなくてはいけません。健康保険に加盟していても、海外旅行保険も加入しておくことを強くお勧めします。

2015年より、リタイアメントビザなどにより長期滞在される方は、インドネシア国民健康保険(BPJS kesehatan)はの加入が義務付けられました。この健康保険は月々の保険料金が500円程度で、怪我や病気の診察費、治療費、薬代が完全無料となります。ただし、日本とは違った規則などもありますので、長期滞在される方は、ビザエージェントなどに詳しくお問い合わせください。(観光ビザやソシアルビザで滞在する場合は加入できません)

薬について

大きな町や観光客の多いエリアには必ず薬局があります。
薬局は「APOTEK」あるいは「FARMACY」という看板がかかっていますし、風邪薬や絆創膏等はスーパーマーケットやコンビニでも手に入ります。インドネシア産の薬なら、それほど高いものはありません。

ただし、インドネシアの薬は日本のものに比べ強いものが多いです。
すぐに効果が出て、よく効くように感じますが、飲み過ぎると副作用なども心配になります。素人判断で薬局で薬を買うより、お医者様の処方薬の方が安心できますね。
また、ふだん日本で飲まれている常備薬を持ち込むのの良い方法かと思います。

バリ島にはジャムウと言う伝統的な薬があります。
ジャムウは、インドのアーユルベーダに端を発した伝統治療薬で草の根や葉などハーブを原料としています。バリ島では、すでに西洋医薬品が出回っていますが、いまでもジャムウは民間医療薬として活躍しています。

ジャムウは治療薬と言うより、予防薬として使われることが多く、体のだるさやのどの痛みなど、ちょっとした体の異変を感じたらすぐに飲んだり、体調維持のために毎日飲んだりする方もいます。パサールで売られていたり、ジャムウゲンドウという売り子が街を回って売っていることもあります。

体調管理

ロングステイを楽しむためには体調管理が必要です。

気温や湿度、日光など自然環境が日本とは違うバリ島では、気を付けていないとすぐに体調を崩します。また、エアコンのかけ過ぎ、冷たい物の飲み過ぎ、逆に水分不足による脱水症状、直射日光による熱中症、ビタミン不足など、気をつけなくてはいけない事はたくさんあります。

体調管理の方法として、体の異常を感じたらすぐに対応するのがいいでしょう。
日本人はちょっと体に異常を感じても、無理して頑張ってしまうため、大きな病気につながってしまうことが多いです。バリ島では、、ちょっとでも異常を感じたら無理せず休んだり、医者に行くことが大きな病気を防ぎ、健康でいる秘訣と言われています。

また、薬の項目でご紹介したジャムウを飲んだり、疲れたらマッサージにかかるといった体調管理の方法もあります。

せっかくバリ島で長期滞在をしているのに、病気にかかってはつまらないですよね。
無理せず、ゆっくり、のんびりとロングステイを楽しんでください。

  • このページをはてなブックマークに追加
インフォメーション
  • ご予約について
    • ショッピングカートを使った簡単なご予約手順です
    • ご予約依頼に基づき、ご予約手配をし、メールにて予約の可否や金額などを予約回答させていただきます。
    • 当店からの予約回答をお受け取りになりましたら、内容を確認の上、問題なければご承認メールを返信願います。
    • ご予約前のお問い合わせ、あるいはご予約後の質問や予約変更などございましたら、お気軽にこちらの「お問い合わせフォーム」から、お問い合わせください。
    • ご予約方法について詳しくはこちらをご覧ください。
    • サイト表示の料金など諸条件は予告なしに変更する場合がございます。詳しくはこちらをご覧ください。
  • お支払いについて
    • ゴルフ場ご利用時は弊社スタッフにお支払いください。
    • カーチャーターは、お迎えに上がったガイドまたはドライバーにお支払いください。
    • スパ、アクティビティ、マリンスポーツ等は、ご利用施設受付にてお支払ください。
    • ホテルや一部施設において事前お支払いをお願いする場合がございます。
    • 詳しくはこちらをご覧ください。
  • キャンセルについて
    • ご利用日3日前の正午(日本時間)までのキャンセルは、キャンセル料はかかりません。
    • それ以降のキャンセルは100%のキャンセル料が発生します。
    • ホテルなど一部施設においてキャンセル費適応期間が変わる場合がございます。
    • キャンセル時の連絡先等、詳しくはこちらをご覧ください。
    サポートセンター
インフォメーションフッター

キャッチコピー
バリ島での各種オプショナルツアーの予約や手配なら、バリ島旅行.comにお任せ! 人気のスパ&エステやゴルフ場、マリンスポーツやアクティビティーなど格安情報満載でご紹介しています。

ご予約方法
お問合せ先
LINE友達追加
コピーライト