基本情報

施設名 ウブド市場
入場料 不要
アクセス クタ、スミニャックなど南部エリアからは、シャトルバスでのアクセスがリーズナブルでおススメです。
開館時間 05:00頃~18:00頃
休館日 ニュピ。 ガルンガンの祭礼日はお休みのお店が多いです。
その他 市場内で売られている商品には定価はありません。すべて交渉で値段が決まります。
服装に関する決まり等はございません。

マップ

観光ポイントマップ

ご案内&フォト(ウブド市場お昼の様子)

  • ウブド市場市場の前は駐車場になっています。
  • ウブド市場毎日車でいっぱいです。
  • ウブド市場商品の価格はすべて交渉性。しっかり値切りましょう
  • ウブド市場こんなお土産品も沢山あります。
  • ウブド市場竹でできた風鈴。バリ雑貨の代表ですね
  • ウブド市場おなじみのバリ猫の置物やガラス製品も。
  • ウブド市場値段はとにかく交渉あるのみ。交渉をするのが苦手な方は市場の外のお土産屋さんに行きましょう。
  • ウブド市場有名なアタ製品も沢山売られています。中にはお宝品もありますが、目利きがないと、安物を掴まされるかも?

ご案内&フォト(ウブド市場朝の様子)

  • ウブド市場カップケーキのようなバリ島のお菓子も売られています。
  • ウブド市場ここは、お供え用のお花やヤシの葉を売るお店。イブ(お母さん)が、お店番しています。
  • ウブド市場朝早くから、沢山の売り子と買い物客が集まります。
  • ウブド市場バクソー(春雨入りつみれ汁)の屋台も出ていました。朝食代わりに・・・
  • ウブド市場新鮮な野菜は、朝とれたものばかり。近くの農村から運んできます。
  • ウブド市場市場の地階は、野菜売り場と肉売り場。食材の匂いが入り混じって、慣れないと厳しいかも?
  • ウブド市場朝市の混雑のピークは7~8時頃。8時を過ぎると、だんだん空いてきます。
  • ウブド市場ガルンガンの前日は、お供え物用果物などを買い求める人で大混雑です。
ウブド市場