バリ島旅行.com

upper decoration
Lower Decoration

プナタランサシー寺院

プナタランサシ寺院(Pura Penataran Sasih)寺院は、ウブドの北東ペジェン村にある寺院で、バリ島6大寺院の一つに数えられる由緒正しい寺院です。
ただし、他の寺院のように建立者や建立された正確な時期ははっきりしていない、いまだに謎が多い寺院でもあります。

この寺院は、「ペジェンの月」と言われる伝説(*)にまつわる大きな銅鼓が祀られている事で有名です。
この銅鼓は紀元前3世紀頃のものとされ、東南アジアの青銅器時代を代表する遺物です。
銅鼓の直径は160cm、高さは186cmと大きなもので、青銅製の銅鼓としては世界最大で、歴史的にも非常に重要なものです。
ただ、なぜこのような銅鼓がここにあるのかも、分かっておりません。

多くのバリ島の寺院は210日周期のウク暦というバリヒンドゥー独特の暦に従って、お祭り(オダラン)などの宗教行事を行います。
しかし、このプナタランサシ寺院は太陰暦を基にしたサカ暦に従って宗教行事を行っております。
この寺院のようにサカ暦に従って宗教行事を行う寺院は他にもゴアガジャ遺跡やティルタエンプル寺院など、ペジェン村周辺に多くあり、このエリアが、ジャワヒンドゥー教文化が完全に定着する16世紀以前から栄えていた土地である事を物語っております。

プナタランサシ寺院は、ウブドからタンパクシリンを結ぶ重要な街道沿いに立っています。
道路を挟んで寺院の向かいには、ひろい石畳が引かれた広場が広がっています。
この広場は昼間は寺院を訪れる観光客の駐車場となりますが、朝、夕には市場(パサール)が立ち、地元住民が数多く集まります。
特に、夕方に立つパサール・センゴール(ナイトマーケット)には、多くの古着や衣料品を扱う商人が集まり、ウブドエリアやタンパクシリンからも、安い服を求めて多くの人が集まります。

(*)ペジェンの月の伝説
昔、バリ島の夜空には13個の月が輝いていました。
ある日、そのうちの1個が落ちてきて、ヤシの木の上に引っかかってしまいました。
ヤシの木の上の月は大変明るく、夜中でも真昼のようにあたりを照らしていました。
そうなると、困ったのが泥棒さんです。
夜になっても昼間のように明るいので、商売あがったり。
そこで、一人の泥棒さんが、ヤシの木に登り、落ちてきた月におしっこを掛けました。
おしっこで急に冷やされた月は大爆発をして、その泥棒さんは即死、月は地上に落ちてしまいました。
地上に落ちた月は「ペジェンの月」と呼ばれ、プラタナンサシ寺院に大切に安置されたのです。
いまでも、ペジェンの月の裏面には穴が開いていますがこれは、泥棒さんが掛けたおしっこで爆発したときに出来た穴だそうです。
ちなみに、プラタナンサシ寺院のサシ(sasih)とは、古いバリの言葉で「月」を意味します。

プナタランサシー寺院の基本情報

観光地名 プナタランサシー寺院/Pura Penataran Sasih
入場料 ドネーション(寄付)Rp10,000~20,000程度
開場時間 09:00~17:00
休館日 ニュピ・また宗教行事のある際は入場が制限される場合がございます
その他 入場に際してサロン、スレンダンの着用が必要ですが、無料貸し出しがあります。また、タンクトップなど肌の露出が多い服装はご遠慮ください。

プナタランサシー寺院へのアクセス

アクセスマップ

お車でのアクセス

ウブドから
一般道路を使い30分
サヌールエリアから
一般道路を使い45分
空港まで
一般道路を使い約75分
クタエリアから
一般道路を使い約80分
スミニャックエリアから
一般道路を使い約90分
ヌサドゥアエリアから
一般道路を使い約120分

交通のご案内

公共交通機関 公共交通機関はございません。
タクシー等 カーチャーターのご利用をオススメいたします。

プナタランサシー寺院を写真で紹介

  • 寺院入り口

    プナタランサシ寺院の入口。大きな看板がありますから、見落とすことはないでしょう。

  • 寺院前の駐車場

    石畳の駐車場は朝夕は市場となります。駐車場を取り囲むように、ワルンや商店が並んでいますが、日中は数店しか開いていません。

  • 寺院前の道路

    寺院前の道は、交通量の多い街道です。道路横断は気をつけて!

  • 象の石像

    寺院の入口には、大きな象の石像があります。

  • 入り口受付

    入口をはいると、すぐに受付があります。ここで、記帳とドネーション(寄付)を払います。また、無料でサロンを貸してくれます。

  • 割れ門

    前庭の突き当りには、境内に入るための割れ門があります。

  • 星形の池

    割れ門の手前には、星の形をした小さな池があります。ペジェンの月の伝説に基づいているのでしょうか?

  • 寺院内

    境内は、手入れされた芝生が広がり、幾つものバレ(東屋)がありました。

  • ヴィシュヌ神

    こちらのバレには、ヒンドゥー3神の一つ、ヴィシュヌ神の石像が祀られています。

  • ブラフマ神

    こちらのバレにはブラフマ神の石像が祀られています。

  • シヴァ神

    こちらのバレにはシヴァ神が祀られています。

  • ペジェンの月と呼ばれる銅鼓

    こちらに安置されているのが、世界最大の銅鼓、通称ペジェンの月です。紀元前3世紀のものとされ、歴史的に大変貴重なものです。

  • 隣の寺院

    銅鼓が安置されている境内の隣にも、寺院の境内がありました。

  • ヒンドゥー3神

    こちらの祠には、ヴィシュヌ、ブラフマ、シヴァの3神が祀られていました。

  • シヴァ神のレリーフ

    シヴァ神を表現した見事なレリーフです。

  • ガルーダ神

    見事な装飾のされたバレの柱の上にはガルーダ神の像がありました。

  • 多重塔(メル)

    境内の奥には、7層のメル(多重塔)がありました。このメルは聖なる山アグン山を模しているそうです。

プナタランサシー寺院

この記事の監修:とりただし
バリ島旅行アドバイザー

2008年にバリ島移住。現地旅行会社に勤務後、ウブドにてバリ島旅行や長期滞在に関してブログ、FaceBook、Twitter、Instagram,YouTube等で情報発信中。

バリ島旅行.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♪

最新情報をお届けします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インフォメーション

  • ご予約について
    • ショッピングカートもしくはLINEを使った簡単なご予約手順です
    • ご予約依頼に基づき、ご予約手配をし、メールにて予約の可否や金額などを予約回答させていただきます。
    • 当店からの予約回答をお受け取りになりましたら、内容を確認の上、問題なければ指定の口座に代金振り込みをお願いします。
    • ご予約前のお問い合わせ、あるいはご予約後の質問や予約変更などございましたら、お気軽にこちらの「お問い合わせフォーム」から、お問い合わせください。
    • ご予約方法について詳しくはこちらをご覧ください。
    • サイト表示の料金など諸条件は予告なしに変更する場合がございます。詳しくはこちらをご覧ください。
  • お支払いについて
    • 当店にご依頼のスパ、アクティビティ、ゴルフ、カーチャーター、ホテル等、オプショナルツアーの代金は事前支払いでお願いいたします。
    • 事前支払いは、「銀行振り込み」「クレジットカード払い」の中からお選びいただけます。
    • ニュークタゴルフ、バリナショナルゴルフ、ブキットパンダワゴルフのみ、現地での現金支払いを受け付けております。
    • 詳しくはこちらをご覧ください。
  • キャンセルについて
    • ご利用日3日前の正午(日本時間)までのキャンセルは、キャンセル料はかかりません。
    • それ以降のキャンセルは100%のキャンセル料が発生します。
    • ホテル,観光ツアー、スパなどの一部施設において上記キャンセル規定が変わる場合がございますので、必ず各施設の予約ページにありますキャンセル規定をご確認くださいませ。
    • キャンセル時の連絡先等、詳しくはこちらをご覧ください。
    サポートセンター
インフォメーションフッター

ワンランク上の旅で優雅な滞在を

バリ島旅行での各種オプショナルツアーの予約や手配なら、バリ島旅行.comにお任せ! 人気のスパ&エステやゴルフ場、マリンスポーツやアクティビティーなど格安情報満載でご紹介しています。

  • LINEでのお問い合わせ
  • ご予約・お支払い方法
  • メールでのお問い合わせ
  • 電話での問い合わせ
  • 会社案内
  • 特定商取引法に基づく表示

Copy Light