バリ島旅行.com

upper decoration
Lower Decoration

バリ島入出国手続き

バリ島空港での入出国手続きをステップを追って解説!
気になる入国ビザについても説明します

バリ島へは多くの方が飛行機をご利用されますが、飛行機が空港に着陸したら、すぐに空港から出られるわけではなく、入国審査や税関など、普段体験しないような手続きがあります。
また、帰国時も、空港でチェックインや出国審査など手続きが必要ですし、日本に到着した後も検疫や税関検査など多くの手続きがあります。

手続き自体はそれほど難しいものではありませんが、慣れていないと不安になったり、混乱してしまいますよね。
ここでは、デンパサール空港での入国手続きや観光客用のビザについて解説します。

旅行前にご一読いただき、快適なご旅行をしてくださいね

ご注意

今回ご紹介している情報は2022年11月10日現在のものです。手続きや申請方法など予告なしに変更されることがございますので、必ず最新情報を確認するようお願いいたします。

日本出発の前にこれだけは確認しよう!

日本出発

パスポートの残存期限に注意!
  • パスポートの残存有効期限が6ヶ月以上あること
  • 3ページ以上の空白ページがあること
お手持ちのパスポートがこの条件に当てはまらない場合は、新しいパスポートを取得してください
海外旅行保険に加入しましたか?
海外の治療費は驚くほど高額で、先払いというところも多くあります。
海外旅行保険に加入しておけば、大変安心です。ぜひ加入しておきましょう。
荷物の重量は大丈夫?
飛行機の預け荷物の重量は各飛行機会社やチケットの種類でさまざまです。
また、預け荷物や機内持ち込み荷物にもいろいろな制限があります。
ご利用の飛行機会社のサイトなどで、荷物の制限を確認しておきましょう。
ワクチン接種証明書は準備した?
有効なワクチンを2回以上接種し、接種後2週間以上経過していれば、バリ島に入国ができます。そのワクチン接種を証明するワクチン接種証明書を準備しておきましょう。
接種証明書の入手方法は各地方自治体にお問い合わせください。また証明書は電子データーの他に紙に印刷したものも用意しておくと安心です。
ワクチン未接種診断書
アレルギーや疾患のためにワクチン接種をされていない方は、未接種理由を証明した医師の英文診断書が必要になります。
インドネシアからの発表では国立病院の診断書となっていますが、国立病院発行のものでなくても問題ありません。
ただし、個人医やホスピタルのものは不可とされることがあるので、市立病院や県立病院といった公立病院の方が安心です。

渡航前にやっておくこと

飛行機の中の写真

e-VOAを取得しよう
外国人観光客がバリ島に入国するにはVOA(到着ビザ)と呼ばれる観光用のビザ取得が必要です。(注意:2020年まではビザ不要でしたが現在は必要となっています。)
VOAは到着時に空港で取得することもできますが、事前にオンラインで申請・取得することもできます。
このオンラインで取得するVOAの事をe-VOAといいます。
e-VOAの取得方法はこちらのe-VOA到着ビザオンライン申請で解説しておりますので、ご一読ください。
電子税関申告(e-CD)を済ませておこう
入国時に行われる荷物の税関審査のための税関申告を、事前にオンラインで行っておきましょう。
このオンラインで行う税関申告の事をe-CDといいます。
以前は税関申告は専用の申告書に手書きで必要事項を書き提出していましたが、現在はすべてオンラインでの税関申告となっています。
e-CDの申請方法はこちらのe-CD(電子税関申告書)の作成方法に詳しく載っています。申請が受理されると、QRコードが表示されますので、スマホなどに保存しておきましょう。

バリ島に到着したら

イミグレーション

バリ島に到着してから、空港を出るまでを順を追ってご案内します

VOA(到着ビザ)の取得
事前にe-VOAを取得している方は不要ですが、取得していない方は入国審査会場の専用窓口でVOA(到着ビザ)を取得します。
取得には、パスポート・帰りのチケット・取得手数料(Rp500.000)が必要。
手数料の支払いは日本円、米ドル出も可能でクレジットカード(VISA,Master)も利用できます。
入国審査を受ける
入国審査カウンターでは、パスポートとVOA書類を提出して入国審査を受けます。この時、帰国便のチケットの提示を求められることがありますので、準備しておきましょう。
入国審査が終わるとパスポートに入国スタンプが押されます。日付が間違っていないか、明瞭に押されているか確認しましょう。
預け荷物のピックアップ
預け荷物は、所定のターンテーブルに出てきますので、自分の荷物をピックアップします。
飛行機や座席のグレードによっては荷物が出てくるまで時間が掛かることがあります。
税関検査を受けます
荷物をピックアップしたら、税関検査を受けます。ここでは、事前に受け取っておいた電子税関申告書(e-CD)のQRコードを係員に提示します。
  • 税関申告が必要な方は赤いサインの申告窓口へ
  • 税関申告の必要の無い方は、緑のサインの窓口へ
抜き打ちで荷物の検査をされることがありますが、その際は係員の指示に従い、荷物を開梱して検査を受けましょう。
ピックアップポイントでお迎えと合流
税関検査を抜けるとピックアップポイント。お迎えのガイドさんたちが皆さんをお待ちしております。
また、ピックアップポイントに行くまでの間に銀行の両替窓口がありますので、必要な方はこちらで両替しましょう

日本へ帰国するとき

帰国便

日本へ帰国する時の、飛行機搭乗までの手続きを順番にご案内します

出発72時間前にPCR検査
ワクチン未接種もしくは接種が2回以下の方は日本帰国のためにPCR検査が必要です。
PCR検査はバリ島出発の72時間前以降に受け、英文の陰性証明書を取得します。
バリ島内でPCR検査が受けられるお勧めの病院はこちらのおすすめのPCR検査病院をご覧ください。
Visit Japan Webの登録
日本入国時の検疫、税関、入国審査をスムーズに行うためにVisit web japan登録を済ませておきましょう。
詳細はこちらのVisit Japan Webサイトをご覧ください。
空港には出発の3時間前までに行きましょう
空港では順番待ちなど混雑することが多いです。
余裕を持って出国するには、飛行機が出発する3時間前までに空港に到着するよう計画されるといいでしょう。
空港の入り口で荷物検査
空港ビルの入り口でパスポート、航空券の確認と荷物のX線検査があります。(セキュリティチェック)
混み合う時間帯に行くと、待たされることがありますので、時間に余裕を持って行動しましょう。
飛行機チェックイン
空港ロビーに入ったら、飛行機チェックインカウンターに向かいます。
パスポートと航空券を提示し、ボーディングパス(搭乗券)をもらいましょう
預け荷物がある場合は、ここで引き渡しますが、重量制限がありますので、オーバーしないように注意しましょう。
また航空会社によってはワクチン接種証明書の提示を求められることがあります。
搭乗券チェックカウンター
チェックインカウンターから出国ゲートに向かう途中に搭乗券のチェックカウンターがありますので、搭乗券を係員に渡してから先に進みましょう。
手荷物検査
出国検査を受ける前に、飛行機に持ち込む手荷物の検査があります。ライターなどの危険物や水などは持ち込み禁止で、没収か廃棄されますのでご注意ください
出国審査を受ける
手荷物検査が終わったら、出国審査です。出国審査カウンターでパスポートと搭乗券を提出して審査を受けます
万一VOAの有効期限を過ぎてしまった方、オーバーステイとなります。オーバーステイの場合、超過日数に応じて罰金を支払うことになりますので、オーバーステイしないように注意しましょう。
搭乗までしばらくお待ちください
出国審査が終了すれば、手続きは完了、あとは飛行機に乗るだけですが、搭乗開始時間(ゲートオープン時間)まで少々時間がありますので、免税店でのお買い物やレストランなどでのお食事を楽しみましょう。
  • 飛行の出発時間や搭乗口などが変更になることもありますので、場内電光掲示板で確認しましょう
  • 市内の免税店(DFSギャラリア)で購入した免税品はこのフロアの専用窓口で引渡しとなります
飛行機へ搭乗
搭乗時間(ゲートオープン時間)になったら、指定の搭乗口から飛行機に乗り込みます。場合によっては、空港ビルから飛行機までバスで移動となることもあります。

以上で帰国時の手続きは終了です。またバリ島においでくださいませ。
※2015年3月より空港使用料は航空運賃に含まれるようになりましたので、空港での空港使用料支払いはございません。

観光旅行での入国ビザについて

観光旅行など短期滞在での入国ビザについて説明いたします

観光旅行者はVOAの取得が必要
観光旅行でバリ島を訪れる方は、VOAを取得しなくてはいけません。
VOAは空港の入国審査会場にある専用窓口で取得するか、事前にオンラインで取得(e-VOA)しておきます。
VOAを取得すれば、30日間の滞在ができ、その間に入国管理事務所で手続きを行えば更に30日間の滞在ができます。
長期滞在ビザについて
60日以上滞在するためには、ソシアルビザ(B211Aビザ)ビザなどをあらかじめ取得しておかなくてはいけません。
ビザには、滞在目的や滞在期間などによるり、さまざまな種類のビザがあり、その取得方法や取得条件もビザによって変わってきます。

この記事の監修:とりただし
バリ島旅行アドバイザー

2008年にバリ島移住。現地旅行会社に勤務後、ウブドにてバリ島旅行や長期滞在に関してブログ、FaceBook、Twitter、Instagram,YouTube等で情報発信中。

バリ島旅行.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♪

最新情報をお届けします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インフォメーション

  • ご予約について
    • ショッピングカートもしくはLINEを使った簡単なご予約手順です
    • ご予約依頼に基づき、ご予約手配をし、メールにて予約の可否や金額などを予約回答させていただきます。
    • 当店からの予約回答をお受け取りになりましたら、内容を確認の上、問題なければ指定の口座に代金振り込みをお願いします。
    • ご予約前のお問い合わせ、あるいはご予約後の質問や予約変更などございましたら、お気軽にこちらの「お問い合わせフォーム」から、お問い合わせください。
    • ご予約方法について詳しくはこちらをご覧ください。
    • サイト表示の料金など諸条件は予告なしに変更する場合がございます。詳しくはこちらをご覧ください。
  • お支払いについて
    • 当店にご依頼のスパ、アクティビティ、ゴルフ、カーチャーター、ホテル等、オプショナルツアーの代金は事前支払いでお願いいたします。
    • 事前支払いは、「銀行振り込み」「クレジットカード払い」の中からお選びいただけます。
    • クレジットカード払いは、Stripe経由となり、VISA、Master、Amexがご利用いただけます。
    • ただしKITAS料金でのご予約の場合は、インドネシアルピアでの事前銀行振り込みにてお願いいたします。クレジットカード支払いはご利用いただけません。
    • 詳しくはこちらをご覧ください。
  • キャンセルについて
    • ご利用日3日前の正午(日本時間)までのキャンセルは、キャンセル料はかかりません。
    • それ以降のキャンセルは100%のキャンセル料が発生します。
    • ホテル,観光ツアー、スパなどの一部施設において上記キャンセル規定が変わる場合がございますので、必ず各施設の予約ページにありますキャンセル規定をご確認くださいませ。
    • キャンセル時の連絡先等、詳しくはこちらをご覧ください。
    サポートセンター
インフォメーションフッター

ワンランク上の旅で優雅な滞在を

バリ島旅行での各種オプショナルツアーの予約や手配なら、バリ島旅行.comにお任せ! 人気のスパ&エステやゴルフ場、マリンスポーツやアクティビティーなど格安情報満載でご紹介しています。

  • LINEでのお問い合わせ
  • ご予約・お支払い方法
  • メールでのお問い合わせ
  • 電話での問い合わせ
  • 会社案内
  • 特定商取引法に基づく表示

Copy Light