バリ島旅行.com

upper decoration
Lower Decoration

バリ島で損をしない両替の方法

バリ島旅行中の現金両替、損をしていませんか?

バリ島のあるインドネシアでは、法律で米ドルや日本円など外貨での支払いは禁止されています。
その為、バリ島に到着したら日本円を現地通貨のインドネシアルピア(ルピア)に交換しなくてはいけません。
ところが、この両替、適当に行っていると損をしてしまいますよ。

損をしない両替の秘訣はレートの良い優良両替店で必要な時に、必要な分だけ両替する事。

この記事では、損をしない両替の方法や注意点、おススメの優良両替店などを中心に紹介をしていきます。

特に両替に慣れていない海外旅行初心者の方、しっかりとこの記事を読んで、両替で損をしないようにしましょう。
そして、浮いたお金で美味しいランチでも食べましょうね。

両替の基礎知識

インドネシアの通貨について

インドネシアの通貨

日本の通貨は円ですが、バリ島があるインドネシア共和国の通貨はインドネシアルピア。省略してルピアとも言います。
表記する場合はIDRもしくはRpを頭に付けます。例えば5,000ルピアの場合はRp5,000とかIDR5,000と書かれています。

ルピアには、8種類のお札と、5種類のコインがあります。
お札は
・Rp100,000
・Rp75,000(これは建国75周年記念の記念札)
・Rp50,000
・Rp20,000
・Rp10,000
・Rp5,000
・Rp2,000
・Rp1,000
コインは
・Rp1,000
・Rp500
・Rp200
・Rp100
・Rp50(ほとんど流通していません)

なぜ両替が必要なのか

小さなお店での支払い

バリ島では、ほとんどの場所でクレジットカードが使えますが、以下のような場所では現金が必要になります。

  • ワルンと言われるローカル向けの小さなお店
  • タクシーや路線バスでの支払い
  • 寺院や遺跡の入場料や駐車料金
  • スパやレストランなどでのチップ
  • そのため、クレジットカードを持っていても、現金を必要とする事があるので両替が必要となるのです。

両替レートってなに?

通貨取引レートのチャート

日本円とルピアのように異なる種類の通貨を交換する場合の比率の事を両替レートと言います。
1円=1ルピアなら計算も簡単なんですが、その国の物価や経済状況、歴史によって通貨ごとに両替レートが変わってきます。
ちなみに2021年8月現在の円とルピアの両替レートは1円=約Rp130。つまり1万円をルピアに両替したら130万ルピアになります。
沢山のお札が返ってきますので途端におお金持ちになったような気分になれますよ。

Yahooファイナンスサイトなどに毎日の両替レートが載っています。
この両替レートは毎日変動しています。今日は1円=Rp130.2だったのが、翌日は1円=Rp129.8なんてことも
また、このYahooファイナンスサイトのレートは外貨取引所という国レベルでの取引を行う所のレート。
実際に両替する場合、両替店や銀行の手数料が加算されるので、このYahooレートより若干悪くなります。
Yahooファイナンスサイトの両替レートは参考程度に見ておいてください。

バリ島で実際に両替する場合のレートですが、ディルガハユ両替所サイトの両替レート表を参考にしてください。
このレート表には「Buying」と「Selling」の2つのレートが載っています。
Buyingとは、日本円からルピアに交換する時のレート。
Sellingとはルピアから日本円にする時のレートになります。(日本の両替所は逆になります)

2021年8月21日のレートはBuyingが125.50、Sellingが134.45となっています。
1万円をルピアに両替する場合はBuyingの数字を使い、10,000円×125.50=Rp1,255,000となります。
逆にRp1,000,000を日本円に両替する場合はSellingの数字を使い、Rp1,000,000÷134.45=7,438円となります。
ちょっとややこしいので間違えないようにしてください。

損をしない両替の方法

両替に必要な物

電卓とパスポート

バリ島の両替所などで現金を両替する場合は以下の物を用意してください。

  • 日本円
  • パスポートコピー(顔写真の乗っている面のコピーでOK)
  • 電卓(スマホの電卓機能で大丈夫)
  • ホテルの住所がわかるもの

パスポートのコピーはいろいろな場面で使うので、何枚かコピーして財布の中などに入れておくといいですよ。

安全な両替の手順

空港内の両替所

以下の手順で両替してください。言葉が不安という方もいますが、ほとんど会話する事はありませんので心配ありません。

  • 1:両替店の店頭にある両替レートを確認
  • 2:電卓を使って、ルピアにしたらいくらになるか計算
  • 3:窓口に行き、日本円とパスポートコピーを提示
  • 4:両替後のルピア金額が提示されるので事前に計算した額と違わないか確認
  • 5:ルピアを受取
  • 6:受け取ったルピアをその場で数えて確認
  • 7:問題がなければ両替終了、退店します

お店によっては簡単な申込書を書かせます。書く内容は、氏名、両替金額、パスポートナンバー、住所(ホテル名)、サイン程度ですので、落ち着いて記載しましょう。

いつ、いくらぐらい両替する?

お金を数えている人

両替は必要な時に必要な分だけ!
というのが一番損をしない方法です。面倒だからとまとめて両替すると、盗難や紛失などのリスクが増えますし、帰国時に余ってしまったなんでこともあります。
理想的には次のような時に両替をするといいでしょう。

  • バリ島到着時に空港内の両替所で1万円程度
  • スパやオプショナルの支払いがある場合、支払金額プラスアルファー程度
  • 手持ちの現金が少なくなってきた場合、5千円から1万円程度

バリ島では、観光客が行くような場所ではほとんどクレジットカードが使えます。
支払いをカードで行うのであれば、1人当たり1万円程度両替しておけば、充分かと思います

どこでで両替する?

両替店の外観

両替は次のような場所で行えます。

  • 街中の両替専門店:レートもよく一番のおススメです。
  • バリ島空港の両替所:若干レートが悪いのでバリ島到着日に使う分だけにした方がいいでしょう。
  • ホテルのフロント:レートが悪いので、あまりおススメできません。

両替は街中の両替専門店が一番のおススメですが、中には悪徳な両替店もあります。
この後の「ここでは両替するな」の項目で紹介するような両替店は避けるようにしましょう。

余ったルピアは帰国前に両替

インドネシアのルピア札

もし、日本に帰国する時にルピアが余ってしまった。
そんな場合は、街中の両替店で日本円に両替しましょう。両替店による時間がなければ空港の両替所でも構いません。
日本ではルピアから日本円の両替ができない場合があります。レートも悪いので必ずバリ島にいる間に両替をしてしまいましょう。

ルピアから日本円に両替する場合は、「両替レートってなに?」の項目で解説したSellingレートを使って計算します。
また、両替所はコインは持っていないので、1000円単位での両替となります。
1000円以下の端数はルピア現金で戻ってきます。

両替をするときはここに注意

ここでは両替するな

一旦停止の標識

日本の金銭ショップ、銀行や空港の両替所
旅行前に日本で両替をしておいた方がトラブルもなく安心!
という方もいますが、日本での両替はおススメできません。その理由は両替レートが極悪だから。
バリ島現地に対し、日本では30%程度悪いレートになります。つまり、3割程度損をするという事。
絶対に日本では両替しないようにしましょう。

異常に両替レートが良い両替所
両替レートは両替店が独自で設定してよい事になっています。その為、お店によって若干レートが違うということがあります。
しかし、周りのお店に比べ極端にレートが良いお店。例えば、他のお店が1円=Rp125に対し、そのお店だけ1円=Rp135となっていたら、要注意。
このようなお店はお金をごまかしたり、手数料を取ったりとトラブルがあるお店です。
レートの良さにひかれて、逆に損をしますよ。

お土産屋さんと兼ねている両替所
お土産屋さんと兼ねていて、店の奥に両替カウンターがあるような両替店も避けた方がいいでしょう。
手品のような手口でお金をごまかしたりするといったトラブルがよくあります。
両替は両替専門店で行いましょう。

事前に計算をしよう

電卓

日本円とルピアの両替レートは1円=Rp130程度。1万円両替したら130万ルピア帰ってきます。
かなり高額なレートですので、時々計算間違いをしてしまいます。
特に3,000円とか8,000円といった、細かい金額での両替の時、帰ってくるルピアも細かくなるので、ちょっとした間違いも気づきません。

また、両替所の店員さんも沢山のお客さんを裁くため、素早い動作で説明されるので、混乱してしまう事もあります。

このような混乱を防ぐには、事前に計算しておくことがいいでしょう。
両替店の店頭には当日のレートが掲示されています。最近のお店はほとんどが電光掲示板やモニターでリアルタイムのレートを掲示しています。
両替店に入ったら、まずレートを確認し、電卓を使って金額計算をしましょう。

あらかじめ幾ら帰ってくるかわかっていたら、間違う確率もぐっと減って、損をしたなんてこともなくなりますよ。

両替したらその場で確認

お金を数える人

優良店の店員さんでも人間ですから間違いはあります。
また、ルピアの桁数が多いので、こちらの勘違いという事もあります。
それを防ぐには両替したらすぐに確認する事!

確認は必ずお金を受け取ったらすぐに、その場でしてください。
一旦持ち帰ってとか、お店を出てからでは遅いです。カウンターを離れたら、以降は一切クレームは受け付けてくれません。
後で金額が違うと言われても、本当にお店が間違ったのか、お客さんの間違いなのかがわからないからです。

お金を受け取ったら、すぐにその場で確認!
これは必ず実行してください。

ディルガハユ両替所

ディルガハユ両替所

緑色の看板が目印のディルガハユ両替所(PT.Dirgahayu Valta Prima)、以前は店頭に「ディルガハユ両替所」と日本語で書かれた提灯が吊るされていて「提灯の両替所」として日本人観光客に評判でした。
現在は、ウブド、サヌール、スミニャック、ヌサドゥアと観光客が多いエリアに多くの支店を展開しています。

営業時間:08:00-17:00
本店:Jl.Subita No. 21X,Denpasar,Bali
Tel:+62-361-237015

ディルガハユ両替所公式サイト

BMI両替所(マスピン)

BMC両替所

BMI両替所(PT.Bali Maspintjinra Money Changer)は、日本人の間では「マスピン両替所」として有名です。
主にサヌール、スミニャック、ウブド、ヌサドゥアなど観光客が多いエリアに出店しています。

営業時間:07:00-24:00
本店:Jl. Raya Seminyak No 16 A, Kuta,BALI
Tel:+62-361-733202

BMC両替所公式サイト

セントラルクタ両替所

セントラルクタ両替所

セントラルクタ両替所(Central Kuta Money Change)は、その名の通りクタを中心にバリ島の主要都市に支店展開している両替所です。

営業時間:07:30-25:00
本店:Jl. Sunset Road No.168, Seminyak, Kuta,BALI
Tel:+62-361-4741940

セントラルクタ両替所の公式サイトは現在アクセスできない状況になっています

キャッシングと両替はどちらが得?

カード払いが一番安心でお得

クレジットカードでの支払い

バリ島では、ほとんどの場所でクレジットカードが使用できます。
現金に比べクレジットカードなら細かいお金は不要で、また安全という事で多くの観光客はクレジットカードでの支払いをしています。
以前はクレジットカード支払いの場合、3%程度の手数料を取るところが多くありましたが、現在は、そのようなお店は少なくなりました。

便利なクレジットカードですが、以下のような場所では利用できません。

  • ローカル向けのワルンと言われる小さなお店
  • パサール(市場)や屋台
  • タクシー、路線バス
  • 寺院や遺跡などの入場料や駐車料金

クレジットカードですが、VISAもしくはMaster Cardならほとんどの場所で使えますが、JCBやAmexはまだ使えるお店が限られてしまいます。
普段JCBを使っている方でもバリ島に来られる際はVISAやMaster Cardを準備された方がいいでしょう。

また、お店でのカード使用でスキミングの心配をされる方がいますが、その場合は店員がカード決済をする場所に立ち会う事をおススメします。
店員が店の奥にカードを持って行くようなお店は要注意。必ずお客さんの前でカード決済をさせるようにしましょう。

街中のATMでキャッシングは可能ですが

ATMで現金引き出し

クレジットカードのキャッシング機能を使いATMより現地通貨を引き出すことができます。
現金を両替するのと、クレジットカードのキャッシング、どちらが得かという事ですが、ATM手数料や両替レートから、ケースバイケースでどちらが得か判断が付きません。

便利なキャッシングですが、注意していただきたいのがスキミング被害。
ATM機械に細工をしてカード情報を盗み、預金額を盗み取られるという被害があります。
スキミング被害を防止するには、24時間警備員がいるATMを使う事。セキュリティーがしっかりしている所ならATMへの細工リスクは少ないでしょう。
私が一番おススメするのは、銀行の支店に設置されているATM機械。銀行を探すのは面倒ですが、セキュリティーはしっかりしているので安心です。

現金は少なめに、足りなくなったらキャッシング

現金とクレジットカードが入った財布

バリ島での支払いについては、以下の方法をおススメします。

  • スパやアクティビティなどのオプショナル費用は事前に旅行会社に支払っておく。
  • レストランやお土産屋さん、スーパー、コンビニの支払いはできるだけクレジットカードを使用する。
  • チップ用など現金支払いをするために最低限の現金だけ両替をする。
  • 手持ちの現金がなくなってきたら、安全なATMでキャッシングをする。

なるべく現金を使わないようにするのが、トラブルを避ける一番の方法だと思います。

この記事の監修:とりただし
バリ島旅行アドバイザー

2008年にバリ島移住。現地旅行会社に勤務後、ウブドにてバリ島旅行や長期滞在に関してブログ、FaceBook、Twitter、Instagram,YouTube等で情報発信中。

バリ島旅行.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♪

最新情報をお届けします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インフォメーション

  • ご予約について
    • ショッピングカートもしくはLINEを使った簡単なご予約手順です
    • ご予約依頼に基づき、ご予約手配をし、メールにて予約の可否や金額などを予約回答させていただきます。
    • 当店からの予約回答をお受け取りになりましたら、内容を確認の上、問題なければ指定の口座に代金振り込みをお願いします。
    • ご予約前のお問い合わせ、あるいはご予約後の質問や予約変更などございましたら、お気軽にこちらの「お問い合わせフォーム」から、お問い合わせください。
    • ご予約方法について詳しくはこちらをご覧ください。
    • サイト表示の料金など諸条件は予告なしに変更する場合がございます。詳しくはこちらをご覧ください。
  • お支払いについて
    • 当店にご依頼のスパ、アクティビティ、ゴルフ、カーチャーター、ホテル等、オプショナルツアーの代金は事前支払いでお願いいたします。
    • 事前支払いは、「銀行振り込み」「クレジットカード払い」の中からお選びいただけます。
    • ニュークタゴルフ、バリナショナルゴルフ、ブキットパンダワゴルフのみ、現地での現金支払いを受け付けております。
    • 詳しくはこちらをご覧ください。
  • キャンセルについて
    • ご利用日3日前の正午(日本時間)までのキャンセルは、キャンセル料はかかりません。
    • それ以降のキャンセルは100%のキャンセル料が発生します。
    • ホテル,観光ツアー、スパなどの一部施設において上記キャンセル規定が変わる場合がございますので、必ず各施設の予約ページにありますキャンセル規定をご確認くださいませ。
    • キャンセル時の連絡先等、詳しくはこちらをご覧ください。
    サポートセンター
インフォメーションフッター

ワンランク上の旅で優雅な滞在を

バリ島旅行での各種オプショナルツアーの予約や手配なら、バリ島旅行.comにお任せ! 人気のスパ&エステやゴルフ場、マリンスポーツやアクティビティーなど格安情報満載でご紹介しています。

  • LINEでのお問い合わせ
  • ご予約・お支払い方法
  • メールでのお問い合わせ
  • 電話での問い合わせ
  • 会社案内
  • 特定商取引法に基づく表示

Copy Light