空港から街へ~バリ島の交通

バリ島の空港から、ホテルや街への移動方法について、ご説明いたします。

バリ島には鉄道がありません。もちろん、地下鉄もなく、日本のような公共交通網もあまりありません。
そんなバリ島で観光旅行をするのに重要なことは、移動手段です。
一般的に用いられるのは、タクシーやカーチャーターなどの車による移動。他にもシャトルバス、バイクなどさまざまな移動手段があります。

こちらでは、バリ島内の移動方法・交通について説明いたします。

空港から街へ~バリ島の交通

空港から街・ホテルへ

ツアー会社ご利用の場合
ツアー会社のツアーをご利用の方は、空港出口のミーティングポイントで、ツアー会社のガイドさんがお迎えに来ています。ツアー会社のガイドは、会社名をかいたボードやお客様の名前を書いたボードを掲げていますから、自分が頼んだツアー会社を見つけましょう。
空港からは、ツアー会社専用の車で、ホテル等に送迎してくれます。
ホテルの送迎サービスをご利用の場合
大抵のホテルでは、送迎サービスを行っています。
ホテルの送迎サービスをご利用の場合も、空港出口のミーティングポイントに、ホテルドライバーが、ホテル名とお客様の名前を書いたボードを持って立っていますから、自分が頼んだホテルを探してください。

送迎サービスは無料のところと、有料のところがありますから、ホテル予約時に確認して下さい。

また、送迎サービスがない、小さなホテルや民宿でも、知り合いのトランスポーターを紹介してくれることもあるので、予約時に確認してみてください。
エアポートタクシーご利用の場合
空港出口のミーティングポイントを出てすぐ右側に、エアポートタクシーのカウンターがございます。
エアポートタクシーは、行き先のエリアごとに料金が決まっていて、空港カウンターにて先払いですので、料金トラブルもなく、安心してご利用いただけると思います。

しかし、あまり有名でないホテルやウブドなど遠距離のホテルですと、ドライバーが場所を知らない場合がありますので、ホテルの住所、電話番号を予め印刷して持っていったほうがいいでしょう。

街から空港へ

タクシーご利用の場合
クタやサヌールなど南部エリアでしたら、メータータクシーを簡単に捕まえることができます。

デンパサール空港には国内線、国際線両方の建物がありますので、タクシーなどを使って空港に行く場合は、どちらから出発する飛行機かを確認して指示しましょう。

ただし、ウブドエリアにはメータータクシーはなく、個人営業のトランスポーターになります。ウブドのトランスポーターは夕方になると、家に帰ってしまうので、夜空港に行く場合は、事前に予約しておきましょう。
送迎サービスご利用の場合
ホテルやスパには、空港までの送迎サービスを行っているところがあります。中には無料サービスもありますので、上手に使って、空港まで移動しましょう。
シャトルバスご利用の場合
ウブドエリアから空港への移動は、プラマ社のシャトルバスがリーズナブルです。
しかし、クタエリア行きの便は1日5本ありますが、空港まで行くのは1日2便しかありませんから、時間に注意してください。

バリ島内の交通

バリ島には、鉄道がないので移動はもっぱら車になります。

シャトルバス(プラマ・シャトルバス/PRAMA)
主要観光地を手頃な料金で結ぶプラマ社シャトルバスは、バックパッカーや若者たちがよく利用しています。料金、タイムスケジュールもしっかり表示してあり、利用者の大半が外国人旅行者ですので、安心して利用することができます。
シャトルバスを利用するには、クタ、サヌール、ウブドなどにある、プラマ社シャトルバスターミナルで、行き先ごとのチケットを購入しますが、人気路線はすぐに満車となるので、事前に予約するほうがいいでしょう。また、別途追加料金を払えば、ホテルまでピックアップに来てくれるサービスもあります。
ただし、使用しているバスはかなりくたびれていて、クッション性も悪く、クーラーが付いていない車両もあるので、覚悟しておいたほうがいいでしょう。

プラマ社のシャトルバス情報はこちら(英語サイト)>>プラマ社公式サイト
シャトルバス(クラクラ・バス)
2,014年から、JTB母体のクラクラ・バスというシャトルバスの運行が始まりました。 クタ・スミニャックエリアを巡回運行するルートがメインですが、他にも、サヌール、ウルワツ、ウブドなど遠距離へのシャトルもあり、うまく使えば便利なバスだと思います。
路線内統一料金、Free-Wifiやクーラーも完備しており、なかなか評判は良いようです。

クラクラバスの情報はこちら(日本語サイト)>>クラクラバス公式サイト
タクシー
クタ、レギャン、スミニャック、ヌサドゥア、ジンバラン、サヌールなどの南部リゾートエリアには、メータータクシーが常に走っているので、簡単に捕まえることができます。
タクシーはエアコン完備で、天井には日本と同じように「TAXI」あるいは「TAKSI」マークが出ているのですぐわかります。

日本人に人気があるのは、ジャカルタが本社の「ブルーバードタクシー・グループ」。バリ島では営業免許の関係で「バリ・タクシー」という名前で営業していますが、薄水色の車体で、前か後ろのウインドウに「BLUE BIRD TAXI GROUP」のロゴステッカーが貼ってあります。

料金はメーター制ですが、中にはメーターを倒さず目的地についてから、高額な料金を請求するドライバーもいますから、タクシーが動き出したら、メーターを倒すのをしっかり確認しましょう。

ドライバーは簡単な英語は理解できるが、日本語を理解する人は殆どいません。また、意外と地理に疎い人もいるので、行き先の住所、電話番号を書いた紙を準備しておくといいでしょう。

ウブドエリアにはメータータクシーはいません。そのかわり、個人営業のトランスポーターが街の角々に立って「トランスポート?」と声をかけてきます。 メーターの付いていない自家用車を使うので、乗る前に行き先を告げて、料金交渉をしてから乗るようにしましょう。
カーチャーター
ホテルのツアーデスクや、インターネットを通じて現地旅行会社に依頼すれば、運転手付きのチャーターカーが意外と安く手配できます。

ほとんどのカーチャーター会社は、8時間とか12時間といった時間で料金を決めているので、スパやレストランへの送迎など近距離の移動にカーチャーターを利用するのは、大変勿体無いのですが、観光地巡りなど一日かけていろいろな場所に行くのなら、だんぜんカーチャーターがお得です。

また、日本語ができるガイドを付けても、そんなに料金は変わらず、いろいろな観光名所の案内やレストラン、スパなどの予約のお手伝いもしてくれるので、ガイド付きのカーチャーターをお薦めします。

街中を走っているタクシーも交渉すれば1日幾らでチャーターすることは可能ですが、日本語がわからなかったり、道に疎かったり、ガイド免許が無いためガイドができなかったりと、トラブルもあるので、あまりオススメできません。
ベモ
バリ島庶民の足がこのベモです。
ベモは、小型~中型の1Boxカーを使った乗合タクシーのようなもので、パサール(市場)など人の集まるところを出発し、街を結んで運行しています。

ただし、車両は古く、エアコンもなく、料金体系もはっきりせず、またタイムスケジュールも決まっておらず、もちろんドライバーは日本語はおろか英語もできないので、観光客がベモを利用するのはオススメできません。
オジェック
バイクを使ったタクシー(バイタク)がこのオジェックです。
もちろん、メーターなど付いていないので、利用前に行き先を告げて料金を交渉してから乗車します。

交通渋滞の時は、タクシーより早く移動できますが、事故も多く、リスクが高いためあまりおすすめは出来ません。
レンタカー・レンタバイク
街中には自動車やバイクを貸すレンタカー、レンタバイクが沢山ありますが、インドネシアは国際免許協定に加盟していないので、インドネシアの免許がなければ無免許運転となります。
(有効な国際免許があれば、インドネシアでも無免許にはならないという情報もございますが、確証は取れておりません)

また、交通法規もマナーも日本とは違い、かなり荒っぽい運転をしていますので、旅行者がレンタカーやレンタバイクを借りて運転するのはオススメできません。
  • このページをはてなブックマークに追加
インフォメーション
  • ご予約について
    • ショッピングカートを使った簡単なご予約手順です
    • ご予約依頼に基づき、ご予約手配をし、メールにて予約の可否や金額などを予約回答させていただきます。
    • 当店からの予約回答をお受け取りになりましたら、内容を確認の上、問題なければご承認メールを返信願います。
    • ご予約前のお問い合わせ、あるいはご予約後の質問や予約変更などございましたら、お気軽にこちらの「お問い合わせフォーム」から、お問い合わせください。
    • ご予約方法について詳しくはこちらをご覧ください。
    • サイト表示の料金など諸条件は予告なしに変更する場合がございます。詳しくはこちらをご覧ください。
  • お支払いについて
    • ゴルフ場ご利用時は弊社スタッフにお支払いください。
    • カーチャーターは、お迎えに上がったガイドまたはドライバーにお支払いください。
    • スパ、アクティビティ、マリンスポーツ等は、ご利用施設受付にてお支払ください。
    • ホテルや一部施設において事前お支払いをお願いする場合がございます。
    • 詳しくはこちらをご覧ください。
  • キャンセルについて
    • ご利用日3日前の正午(日本時間)までのキャンセルは、キャンセル料はかかりません。
    • それ以降のキャンセルは100%のキャンセル料が発生します。
    • ホテルなど一部施設においてキャンセル費適応期間が変わる場合がございます。
    • キャンセル時の連絡先等、詳しくはこちらをご覧ください。
    サポートセンター
インフォメーションフッター

キャッチコピー
バリ島での各種オプショナルツアーの予約や手配なら、バリ島旅行.comにお任せ! 人気のスパ&エステやゴルフ場、マリンスポーツやアクティビティーなど格安情報満載でご紹介しています。

ご予約方法
お問合せ先
LINE友達追加
コピーライト