バリ島のビザについて

ビザ(査証)とは、外国人に対して、自国に入国しても問題ない事を証明する証明書です。
バリ島(インドネシア)では、入国目的により観光ビザ、ソシアルビザ、留学ビザ、ワーキングビザなど数種類のビザがあり、外国人は入国前に目的にあったビザを取得しなくてはいけません。
特に注意しなくてはいけないのが、就労ビザ。バリ島内で就労をするには、就労ビザを取らなくては違法就労となり、最近では取り締まりも大変厳しくなってきました。
こちらでは、バリ島を訪れる際に必要な代表的なビザ、およびその取得方法などについて解説します。

バリ島のビザについて

到着ビザ(Visa on Arrive/VOA)

従来、観光や商談目的で短期間(30日以内)バリ島に滞在する場合に必要でした到着ビザ(観光ビザ・VOA)は、30日以内の観光目的による入国の場合に限り、取得免除となりました(2015年6月12日より)。

ただし、「商談等、観光以外の目的で入国する場合」や「30日以上の滞在を予定している場合」は、従来通り到着ビザ(観光ビザ)の取得が必要です。

取得時に必要なもの
  • パスポート(有効期限の残りが6か月以上あり、かつ空白ページが3枚以上あるもの)
  • ビザ取得手数料(2014年7月3日より$35に値上がりしました)
取得方法
到着した空港(デンパサール空港)で、入国審査を受ける前に専用のブースで取得します。
ブースにパスポートと手数料を提出し、引き換えに支払レシートを受け取ります。その後の入国審査ブースにて、支払レシートを提出します。
ビザ有効期間
このVOAで最長30日間インドネシア国内に滞在することが出来ます。
また、1回に限り期間延長することが出来ます。延長手続きを行えば、さらに30日間、合計60日間滞在する事が可能です。(注意:到着ビザがないと延長申請はできませんので、30日以上の滞在を予定している方は、必ず到着ビザを取得してください)
注意事項
このビザでは就労(利益を得る労働活動)はできません。
一度でもインドネシア国外に出たら、有効期限内であってもビザは失効します。

ソシアルビザ(Sosial Budaya VISA)

知人訪問やインドネシア文化の習得など、2か月以上バリ島に滞在するためのビザです。
このビザを取得するにはインドネシア人スポンサーが必要です。

取得時に必要なもの
  • スポンサーのKTP(身分証明書)のコピー
  • スポンサーレター(スポンサーからの推薦状)
  • 残存有効期限が12か月以上あるパスポートのコピー(顔写真のページ)
  • 本人の証明写真(4cm×6cm-2枚 背景が赤)
  • 取得手数料(手数料はビザ取得地域によって変わります)
取得方法
必要書類を添えてインドネシア国外(日本・タイ・シンガポールなど)にあるインドネシア大使館で申請し、ビザの発給を受けます。
通常、申請から発給まで3日間(祝祭日・休日を除く)かかりますが、シンガポールでは専門エージェントに依頼すれば1日で発給されます。
ビザ有効期間
このビザで最長60日間滞在することが出来ます。
また、4回の滞在期間延長延長手続きが可能で、1回あたり30日間の滞在期間が延長されます。
(つまり、60日+30日×4回=180日間の滞在が可能)
注意事項
  • このビザでは就労(利益を得る労働活動)はできません。
  • 一度でもインドネシア国外に出たら、有効期限内であってもビザは失効します。

ワーキングビザ(Working VISA・就労ビザ)

インドネシア国内で就労(報酬を得る活動)をするために必要なビザです。
このビザを取得するにはインドネシア籍のスポンサー会社が必要です。 また、23歳以上で大学卒業以上の学歴がないと取得できません。

取得時に必要なもの
<スポンサー会社が用意するもの>
  • 会社の所在地証明書(SKTU)
  • 会社登記簿(TDP)
  • 営業許可証(SIUP)
  • 納税証明番号(NPWP)
  • 会社組織図
  • 会社のレターヘッド(召喚状)
  • 社長のKTP(外国人社長の場合はKITAS)
  • 社印
<ビザ申請者が用意するもの>
  • 残存有効期限が18か月以上あるパスポートのコピー(全ページ)
  • 履歴書、職務経歴書(英文)
  • 最終学歴の卒業証明書(英文)のコピー
  • 生命保険書のコピー
  • 本人の証明写真(2x3cm,3x4cm,4x6cm 背景赤で各6枚)
  • インドネシア人スポンサー(身元保証人)のKTPコピー
取得方法
ジャカルタの移民管理局にビザ取得許可申請を行い、許可書(テレックスビザ)が降りたら、インドネシア国外にあるインドネシア大使館にてビザを発給してもらいます。
ワーキングビザにてバリ島に入国したら、7日以内に入国管理事務所にKITAS(暫時居住許可)を申請し、KITASが発行されたらDPKK(税金$1200/年)をインドネシア労働人権省に振込み、労働許可証(IMTA)を発行してもらいます。さらに管轄の州警察や居住地区担当警察などに届け出を行います。
ビザ有効期間
このビザで最長1年間滞在することが出来ます。
また、5回の延長手続きが可能で、1回あたり1年間の滞在期間が延長されます。 つまり、最長6年間の滞在が可能です。
注意事項
  • インドネシア国内で利益を得る就労活動をする場合は、必ずこのビザを取得しなくてはいけません
  • ビザを破棄して国外に出国する場合はEPO(Exit Permi Only)手続きをしなくてはいけません。

リタイアメントビザ(Retirement VISA)

退職後の人生をゆっくりとバリ島で過ごすためのビザで、55歳以上の方でなければ取得する事はできません。このビザを取得するには観光・芸術担当大臣から高齢観光客担当者として指名を受けた旅行代理店からのスポンサード(身元保証)が必要になります。

取得条件
  • 55歳以上であること
  • 健康保険・死亡保険に加入している事
  • 第三者損害賠償保険に加入している事
  • $1,500/月以上の年金収入か預金金利、母国からの収入がある事
  • バリ島指定区域内に$35,000以上の物件を購入するか$500/月以上の賃借物件を契約する事
  • 滞在中はインドネシア人を一人以上雇用する事
取得時に必要なもの
  • 残存有効期限が18か月以上あるパスポートのコピー(全ページ)
  • 年金受給証明書あるいは貯金通帳
  • 健康保険・生命保険・損害賠償保険の加入証書
  • 住居賃借契約書
  • インドネシア人の雇用契約書および被雇用者のKTPコピー
  • 英文履歴書
  • 本人の証明写真(2x3cm,3x4cm,4x6cm 背景赤で各6枚)
  • 婚姻証明書(ご夫婦でビザを取得する場合)
取得方法
ジャカルタの移民管理局にビザ取得許可申請を行い、許可書(テレックスビザ)が降りたら、インドネシア国外にあるインドネシア大使館にてビザを発給してもらいます。
リタイアメントビザにてバリ島に入国したら、7日以内に入国管理事務所にKITAS(暫時居住許可)を申請し、KITASが発行されたら管轄の州警察や居住地区担当警察などに届け出を行います。
ビザ有効期間
このビザで最長1年間滞在することが出来ます。
また、5回の延長手続きが可能で、1回あたり1年間の滞在期間が延長されます。 つまり、最長6年間の滞在が可能です。
注意事項
  • インドネシア国内で利益を得る就労活動をする事はできません。
  • ビザを破棄して国外に出国する場合はEPO(Exit Permi Only)手続きをしなくてはいけません。

留学ビザ(Student VISA・学生ビザ)

国立ユダヤナ大学など、公立の大学に留学するためのビザです。
語学教室やエステスクールなどの教室、クラスあるいはガムランや舞踊などを個人から習うといった留学目的では、留学ビザは発行されません。

取得条件
  • インドネシアの大学から入学が許可されている事
  • インドネシアの大学よりインドネシア教育省に対し留学ビザ許可申請がされており、本国許可証(VBS)が発行されている事
取得方法
インドネシアの大学からの入学許可証やVBSなどをインドネシア国外にあるインドネシア大使館に提出し、留学ビザの発給を受け、ビザ発給後60日以内にバリ島に入国します。
留学ビザにてバリ島に入国したら、7日以内に入国管理事務所にKITAS(暫時居住許可)を申請し、KITASが発行されたら管轄の州警察や居住地区担当警察などに届け出を行います。
ビザ有効期間
このビザで最長1年間滞在することが出来ます。
注意事項
  • インドネシア国内で利益を得る就労活動をする事はできません。
  • ビザを破棄して国外に出国する場合はEPO(Exit Permi Only)手続きをしなくてはいけません。

シングルビジネスビザ(Single Entry Bussiness)

インドネシア国内でビジネスを行うためのビザです。このビザでは直接インドネシア国内で報酬を得ることはできません。また、インドネシア籍の企業のスポンサードが必要です。

シングルビジネスビザは最長180日間の滞在が可能ですが、期間内でも国外にでるとビザは失効します。

取得時に必要なもの
<スポンサー会社が用意するもの>
  • 会社登記簿(TDP)
  • 営業許可証(SIUP)
  • 納税証明番号(NPWP)
  • 会社組織図
  • 会社のレターヘッド(召喚状)
  • 社長のKTP(外国人社長の場合はKITAS)
  • 社印
<ビザ申請者が用意するもの>
  • 残存有効期限が12か月以上あるパスポートのコピー(顔写真のページ)
  • 本人の証明写真(4x6cm 背景赤で各2枚)
取得方法
必要書類を添えてインドネシア国外(日本・タイ・シンガポールなど)にあるインドネシア大使館で申請し、ビザの発給を受けます。
ビザ有効期間
このビザで最長60日間滞在することが出来ます。
また、4回の延長手続きが可能で、1回あたり30日間の滞在期間が延長されます。
(つまり、60日+30日×4回=180日間の滞在が可能)
注意事項
  • インドネシア国内で直接報酬を得ることはできません。
  • 一度でもインドネシア国外に出たら、有効期限内であってもビザは失効します。

マルチビジネスビザ(Multiple Entry Bussiness)

1年間の間で、何度でも入出国することが出来るビジネスビザです。ただし、1度の滞在は最長60日間となります。

取得時に必要なもの
<スポンサー会社が用意するもの>
  • 会社登記簿(TDP)
  • 営業許可証(SIUP)
  • 納税証明番号(NPWP)
  • 会社組織図
  • 会社のレターヘッド(召喚状)
  • 社長のKTP(外国人社長の場合はKITAS)
  • 社印
<ビザ申請者が用意するもの>
  • 残存有効期限が12か月以上あるパスポートのコピー(顔写真のページ)
  • 本人の証明写真(4x6cm 背景赤で各2枚)
取得方法
ジャカルタの移民管理局にビザ取得許可申請を行い、許可書(テレックスビザ)が降りたら、インドネシア国外にあるインドネシア大使館にてビザを発給してもらいます。
ビザ有効期間
このビザの有効期間は1年間で、期間内であれば何度でも入出国ができます。
ただし、1回の滞在期間は最長60日間です。
注意事項
  • インドネシア国内で直接報酬を得ることはできません。
  • 1年間の期間が来たら、ビザは失効します(延長はできません)
  • このページをはてなブックマークに追加
インフォメーション
  • ご予約について
    • ショッピングカートを使った簡単なご予約手順です
    • ご予約依頼に基づき、ご予約手配をし、メールにて予約の可否や金額などを予約回答させていただきます。
    • 当店からの予約回答をお受け取りになりましたら、内容を確認の上、問題なければご承認メールを返信願います。
    • ご予約前のお問い合わせ、あるいはご予約後の質問や予約変更などございましたら、お気軽にこちらの「お問い合わせフォーム」から、お問い合わせください。
    • ご予約方法について詳しくはこちらをご覧ください。
    • サイト表示の料金など諸条件は予告なしに変更する場合がございます。詳しくはこちらをご覧ください。
  • お支払いについて
    • ゴルフ場ご利用時は弊社スタッフにお支払いください。
    • カーチャーターは、お迎えに上がったガイドまたはドライバーにお支払いください。
    • スパ、アクティビティ、マリンスポーツ等は、ご利用施設受付にてお支払ください。
    • ホテルや一部施設において事前お支払いをお願いする場合がございます。
    • 詳しくはこちらをご覧ください。
  • キャンセルについて
    • ご利用日3日前の正午(日本時間)までのキャンセルは、キャンセル料はかかりません。
    • それ以降のキャンセルは100%のキャンセル料が発生します。
    • ホテルなど一部施設においてキャンセル費適応期間が変わる場合がございます。
    • キャンセル時の連絡先等、詳しくはこちらをご覧ください。
    サポートセンター
インフォメーションフッター

キャッチコピー
バリ島での各種オプショナルツアーの予約や手配なら、バリ島旅行.comにお任せ! 人気のスパ&エステやゴルフ場、マリンスポーツやアクティビティーなど格安情報満載でご紹介しています。

ご予約方法
お問合せ先
LINE友達追加
コピーライト